メイトの備忘録

ライブ等の備忘録ついでに少しでも推しの良さが伝わればいいな~と願いを込めたブログ

2019.05.21『me can juke 2nd Concert 「Ambition ~完熟への決意表明~」』リリース記念イベント(池袋サンシャインシティ)

アルスマグナの派生グループme can jukeの2ndコンサートDVDのリリース記念イベント。DVDは2形態になっており、ドッキリ企画が収録されたA-KIRA版と、新曲CDが収録されたWIT-ME版。ミニライブの後はメッセージ会とキラキラほほえみ会を実施した。 

me can juke 2nd Concert「Ambition ~完熟への決意表明~」(A-KIRA盤) [DVD]

me can juke 2nd Concert「Ambition ~完熟への決意表明~」(A-KIRA盤) [DVD]

 
me can juke 2nd Concert「Ambition ~完熟への決意表明~」(WIT-ME盤) [DVD]

me can juke 2nd Concert「Ambition ~完熟への決意表明~」(WIT-ME盤) [DVD]

 

 

※メッセージ会:me can jukeは曲中にセリフが入っているものが多数あり、パーテーションで区切られた半個室の中でメンバーにそのセリフを言ってもらうというもの(メンバーは選択制)。WIT-MEはセリフを暗記しているようで、みかん(ファンの総称)に合わせて発していたよう。一方、A-KIRAは手元にカンペがあり、1~13の中で好きな番号を選ばせ、それに書かれたセリフを発していた。

※キラキラほほえみ会:メッセージ会はメンバーとみかんが1対1で対峙していたが、キラキラほほえみ会はテントとパーテーションで区切られたより個室に近い半個室の中で、通路を隔ててメンバーが左右に立っており、その間を通り抜けるというもの。その際、2人はキラキラした笑顔やコメントを発してくれる。スタッフはテントの出入口にしかいないため、実質2人のメンバーとみかん1人の3人っきりが楽しめる。テント内で立ち止まることを防止するため、「キラキラリーン」という効果音とともにテントに入室し、音が終わる頃に2人の間を抜け切る仕様となっていた。

 

【セットリスト】(チェック衣装)

Jiri/Jiri

ガードレール

16号線

JUST

 

【MC】

・A「こいつら何だとお思いでしょうが、どうもme can jukeです」

W「こちらに来ないと楽しめないぞ」

A「それはどういうことですかね?」

W「今でも楽しませるけどこちらの世界に来るともっと楽しいですよという意味です」

 

・A「seed!」

S「わー!」(観客席近くまでやってきてアピールするseed)

A「下がれ下がれ!候補生だから。そこまでやっていいと言ってない。俺はたっきーみたいに優しくないぞ!」

W「今までオブラートに包んで言ってきたのにここで言うんですか」

A「Yahooニュースのトップに載りたいなって」

W「いい事で載りたいです」

 

・5番勝負の最終対決はDVDの売上枚数、キラキラpt投票、当日キラキラしていた方はどちらかチラシの赤青でジャッチの3つの合計で争うという話に。

A「みんな(観客)敵だから!だって誰に入れたか分からないんだよ!?チラシでも対決するんでしょ?」

W「(チラシの色が)赤と青とオレンジがあればよかったですね。」

 

・神生アキラが毎週木曜日ニコラジパークというラジオのパーソナリティをしている説明をしようとしたところ、曜日間違えて説明。

W「曜日g」

A「あ、もう結構です。」

W「曜b」

A「結構です」

 

・A「お前、ホント汗かかないな!お前周り(seed達)見ろよ。こんなかいてるんだぞ。今日湿度あるだろ。お前の周り湿度ないの?」

W「ありますよ。人間の60%は水分できてるので」

A「それが(汗として)外に出ないの?」

W「(水分60%は)構成されてるものなので…」

A「噴水もあって湿度高いよ」

W「(洋服の)中は濡れてます」

A「それがなんで外(顔)に出ないんだって話」

A「(観客席を指して)みんなのほうがかいてるよ。」

W「DVD見ても分かりますけど(A-KIRAが)汗かきすぎなんですよ」

A「言っていい?これだけ汗かかないほうが異常だよ」

 

・キラキラほほえみ会が終わったあとのコメント。

A「(俺らが)キラキラしてるから音が出たってことで」