メイトの備忘録

ライブ等の備忘録ついでに少しでも推しの良さが伝わればいいな~と願いを込めたブログ

2019.04.21秘密の作戦会議

【イベント概要】

アルスマグナ2018年秋ツアー龍煌祭のDVDについてきた応募券で応募し、抽選で当たった人が参加できるイベント。開催日時とイベントタイトル以外は詳細不明だった。2部制となっており、1部80名しか当たらない、なかなかの倍率だったと思われる。イベント時間は約1時間ほど。ちなみにこのDVDはTypeA、TypeBの2種類があり、特典映像が異なります。 

ARSMAGNA LIVE TOUR 2018「龍煌祭~学園の7不思議を追え!~」(Type A) [DVD]

ARSMAGNA LIVE TOUR 2018「龍煌祭~学園の7不思議を追え!~」(Type A) [DVD]

 

 

ARSMAGNA LIVE TOUR 2018「龍煌祭~学園の7不思議を追え!~」(Type B) [DVD]

ARSMAGNA LIVE TOUR 2018「龍煌祭~学園の7不思議を追え!~」(Type B) [DVD]

 

 

 

【イベントの流れ】

集合時間ピッタリに開場し、建物の入口へ。整理番号順に並び、ハガキに書かれた住所と身分証明書の確認を終えたらくじ引きして、そのままメンバーの名前が書かれた座席へ。メンバーは指定されてるけど、座席番号までは指定がないので、そこからは早い者順。
メンバーは壁沿いに座り、メイトはそこから半円で座る。2列で前6~8席くらい残りは後ろの席。
縦長のホールにパーテーションなどの区切りもなく、4ヶ所に別れて各々が話す。みんなが話している間、先生は壇上からその様子を聞いているって感じだった。


話のテーマは、次の楽曲はどんなものがいいか。(曲調や衣装など)

最初にイベントの趣旨説明があって、各自のブースに向かい、メイトの意見をスケッチブックに書きとめ、最後に集約したものを撮影してスクリーンに映写しつつ、メンバーが説明する感じだった。気になる点があればメンバーが掘り下げつつ話を進めていた。


【最初のMC】

メンバー全員登場

朴ウィト「こんなところにバミリがある!僕の立ち位置はここですねw」(中心寄りの下手で壇上ギリギリ前)
先生「先生はここ~」(上手の後方)
榊原タツキ「えっと、、、、」(中心寄りの上手真ん中辺り)
神生アキラ「・・・」(無言でバミリの所へ。タツキの真後ろちょっと下手寄りにズレてる)
泉奏「(足元付近を探したあと)4つしかありませんね…」
(多分スタッフがバミリを発見し泉に伝えた)
(そっと、バミリの場所へ。下手の1番後方。本当に端の端)
途中バミリの説明をするパク。そのめちゃくちゃな立ち位置で趣旨説明を始めようとするアキラ。

 

正しい立ち位置に戻り
ア「DVDの副音声も好評だったようで」
先「ただ映像見て感想言い合ってただけだぜ?」
パ「僕なんてここの時(自分の右手で左の肩を叩く怪奇現象のくだり)背中を自分の手を使って洗ってるとかくだらない話しかしてなかったですからねw」

 

ア「1部の時もそうだったんだけど、今は先生だけど各ブースに回るとケントちゃんになっちゃうから。気を抜くとすぐ飽きちゃうから。今も若干なっちゃってる」

 

ア「これからみんなで各自意見を出し合ってオレらがそれを先生にプレゼンします。そして先生がまとめて、周りの大人と戦ってもらいます」

 

【先生にプレゼン大会】
全員壇上にあがり先生にプレゼンへ。
先「さっき機材トラブルで全然映らなかったから先に説明しちゃって」

ア「映りそう?」

先「(準備しているスタッフさんの)背中が無理って言ってる」


ア「俺のチームは『他己紹介ソング』。名指しされた人がソロで踊った後、次のメンバーを紹介する歌詞を歌うの。SMAPさんのCRAZY FIVEみたいなやつ。コンちゃんもいるからCRAZY FIVE+1で。」
ア「あともうひとつが『対バン用ソング』。聞けばアルスのことを知ってもらえるような曲。『真っ赤な髪がトレードマークの』とか決まった自己紹介をそのままメロディに乗っけちゃって。それで2年A組神生って言ったらみんながアキラー!って言うみたいな。そうなると泉は『同じく2年A組』って歌詞だけどww」

ア「あと、合いの手入れるタイミングを予習してもらうために、サンプル動画を前もって配信。」

パ「サンプルでいいの?www」

 

パ「次は僕ですね。『ケルト音楽に乗せて甘酸っぱい男の子の恋(だったかな?)ソング』」
全員「ケルト音楽????」
パ「みなさん知ってます?ヨーロッパのほうの曲らしいんですけど、みなさんの反応を見ると日本にまだ浸透してないじゃないですか?だから僕らが先駆けてやるんです」
ア「なるほど、あえて知らない曲をやるんだね」
先「かなっち(ユニバーサルミュージックのスタッフさん)ケルト音楽知ってる?」
かなっち「バグパイプとか使った音楽ですね」
先「ダンスはどんな感じなの?」
パ「ラプンツェル?みたいなやつです」

先「ケルト音楽かぁ。気になるな、あとで調べてみよう」

 

泉「おれのグループは『全員がヘッドマイクをつけて歌って踊る』です。最初、面白かったのは、普段アキラ1人がマイクを持って歌っておれらが踊ってるのでその逆で4人がマイクを持って歌ってアキラがソロダンスっていう意見だったんですけど。アキラは見世物になりますね。」
ア「おいっ見世物って!」
泉「今までの楽曲は2人で歌ったりするのはあったので、1人1人が歌う曲です。歌詞はメッセージ性のあるものではなく、九瓏ノ主学園に関する単語を羅列するような感じで、初めて聞く人に『えっ?』って思わせるような感じで」(アキラ、先生、タツキはイマイチピンときていない顔)
パ「あれですよね、パクシデントとかメイトのみなさんにはお馴染みの言葉ですけど、アルスを知らない人にはなんだ?って言葉で『パクシデントデンデンデンデンパクシデントデンデンデンデン♪』みたいな感じってことですよね?」
泉「そうです。それでなんだろう?って思わせてアルスを調べてもらえるような曲です。」

 

タ「僕のグループは『みんなで踊れる一体感のある曲。アルスが踊ってメイトさんが歌う曲』。龍煌祭の着替えている時メイトさんが絆ストーリー歌ってくれたでしょ?ああいう感じ」
ア「それ新しいな。でもレコーディングどうするの?誰歌うのw?」
タ「えっ、メイトさん?」
パ「次の方どうぞ~って?」
泉「一人一人歌うんですか?」
パ「オーディションですw」
先「みんなで踊れるっていうのは?」
タ「サンバDEわっしょい!みたいな手振りとか一部みんなで踊るのはあるけど、最初から最後までっていうのはないから(上半身だけで)1曲全員が踊れる曲」
パ「ステップがないダンスってことですね」
先「後ろの人の配慮で手を上げないって決まりの中でも踊りたいってこと?」
メイト『意外と顔周りって空いてて踊れるよ!』
パ「サイリウムダンスとかですかね?」(泉のマイクを借りて2本をサイリウムにみたてて顔周りで踊り出す)

?「これもダンスの練習をしてもらうためにサンプル動画を配信しないと」

パ「これって、サンプル動画でいいんですか?w」

メイト『サンプルと実際にライブでちゃんとアルスが踊っているギャップを楽しみたい』

パ「あぁ、なるほど!!」

 

先「最後みんな一言ずつ。泉ドン。」
泉「それ、昨日の見てないと分からないやつですよね?」
ア(タコ踊りしながら泉を見る)

 

パ「はい、本日の総評ですがーーー」(始終面接官みたいな口調)
パ「今日出たみなさんの意見を参考にさせてもらいます」(スケッチブックにビッシリ書かれてた)

 

先「あーあーっ」(マイクを叩いて電源が入っているか確認する先生)

先「スイッチ入ってる?」

ア「入ってますね」

(このくだりを数回やってた)

 

先「ブログのコメントや手紙で色々な意見を聞いてきたけど、今回新しい意見なんかも聞けて、先生今頭の中がグルングルン回転してます。」

 

全員の挨拶終了後、アキラが神妙な面持ちで「もう1つ本当の秘密があります。本当の本当に秘密です。4月24日……」(ライブの告知かとザワつくメイト。)
ア「へ?4月24日だよね?先生の誕生日です!」
パ(ハッピーバースデーの歌を歌いながら大量の味仙カップラーメンを持って登場)
先「まって、本当にこういうの苦手で…///ありがとうございます。」(肩身狭そうに照れてた)
先(プレゼントが味仙のカップラーメンと気がつくと)「えっ!?通販でも売ってなかったよこれ!どこから湧いてきたの?」
パ「え?普通にありましたよ」
ア「先生は味仙のラーメンが好きなのはみんなの知るところだと思うんだけど、味仙のカップラーメンも好きで。でも人気が出たからか大きい形に変わっちゃってね。」
先「先生カップラーメン全然食べないんだけど、」
ア「そうっすね」
先「でもこれは好きで。でも丸いやつに変わっちゃってなんか違うなーって。それなら名古屋行って食べるわと思って。いや、このカップラーメンでも同じなんだけどw」
パ「先生24日に1日で全部食べてくださいね!0時に1個、1時に1個、2時に1個www」

先「そんな食べたら入院だね」
パ「あ、でも1個欲しいな~」

 

先「先生すっかり辛いものに強くなりましたねってよく言われるんだけどさ、パクなんてその3倍だから!」
泉「前に先生と3人で焼き鳥食べに行った時七味すごいかけてて、パクだって思いました。それで反対の隣を見るとパクもものすごいかけてて」
先「辛いものが(パクと先生の間を)行ったり来たりするの。パクと〇〇(食べ物名が思い出せない)食べた時も真っ赤だったよね」
パ「そうですね。この間〇〇食べた時一味が全部無くなっちゃって」

 

イベントが終わり、袖にはける最後の最後に

先「この(味仙のカップラーメン)写真ブログにあげてほしい?」

メイト『あげて!』

先「わかった!」

というやり取りがあったので、先生ブログに写真が載りました。


メンバー全員がはけたあとのスタッフさんの発言
「私達が思いつかなかった意見なども出まして、とても参考になりました。本日出た意見につきましては、今後活かしていきたいと思います。本日はありがとうございました。」