メイトの備忘録

ライブ等の備忘録ついでに少しでも推しの良さが伝わればいいな~と願いを込めたブログ

2020.01.26 ARSMAGNA Special Live 2020クロノス学園ダンス部 New Year Party@大阪

注意)寸劇、漫才の部分はいつも以上に記憶があいまいです。大きくは間違えていないと思いますが、かなり間違えていると思ってご覧ください。

 

【イベント概要】

会場:大阪IMPホール

ドリンク代:無し

時間:2時間30分(休憩なし)

座席:指定席(ライブ中は起立)

座席が舞台よりもさらに広がって設置されていたため、舞台端は機材で全く見えず。

 

【出演者】

アルスマグナ(神生アキラ、泉奏、朴ウィト、榊原タツキ、九瓏ケント)

九瓏ノ主学園ダンス部(小日向タケル、東郷スバル、津田ダイチ、津田リク、弓削ミコト、宇迦野リンネ)

 

【セトリ】

チョークスリーパーまり子先生

ひみつをちょーだい

炎上ダンシング

自己紹介、新入部員挨拶

永遠シンデレラ

寸劇①

Snatchaway(パク、津田兄弟)

www.youtube.com

ぼっちナンバー(タツキ、リンネ、ミコト)

www.nicovideo.jp

PRANA(アキラ、タケル)

www.youtube.com

ごめんね ごめんね(先生、泉、スバル)

www.nicovideo.jp

寸劇②

パク、ダイチの漫才

唯一、愛ノ詠(和服)

絆ストーリー(ダンス部員のみ)

カルチェ(クロノス制服)

MC

~アルスメドレー~

・Anyway,Sing!

・先生の言うコト、ぜーったい♡

・世紀末スクールウォーズ

・アウターサイエンス

・ハレルヤ

・大切なセツナ

・たまんねぇぜBABY!

・ココロWORLD

・LUVORATORRRRRY!

・アルス・ブートキャンプ

 

君こそマイ☆アイドル

ボクはつづく

サンバDEわっしょい!

+♂

~アンコール~

エグいくらい超マグナ

Eureka moment

 

【君こそマイ☆アイドルのセリフ】

お題:2020年メイトをウキウキさせる一言

タツキ「僕のおっきな背中を見せるよ」

パク「みんな小指出して。小指結んで離れない」

タケル「みんなの推しに俺はなる!」

先生「決定事項を言う。俺の隣にいること」

泉「とりあえず、おいで」

ダイチ「アルスのグループラインに入れるからライン教えて」

アキラ「ん、手出して。」

 

【寸劇①】

自己紹介について、ダイチに意見を言うタツキ。うまく伝えられずに困っていると、「(ダイチは)みんなを楽しませるんじゃなくて、自分が楽しむ発言ってことだろ?」とフォローを入れるアキラ。

引き続きNew Year Party頑張ろう!とダンス部全員で気合を入れさせる先生。

 

【寸劇②】

『ごめんね ごめんね』が終わったところで、リンネ以外が登場。リンネがいないと騒ぎに。「何か悩んでいるようだったけど、俺たちと違ってリンネは先生に相談できないから…」とタケル。ひとまず、アルスの出番を待つメイトにバレないために、パクとダイチが場つなぎすることに。

室内に閉じこもるリンネ。先生が最初に見つけ、「すまなかった。何かあるなら相談してほしい」とリンネに話しかける。「ダンス部について考えたい」と返すリンネ。「それはダンス部を辞めるってことか?」と問い返す先生。「違うんです。前にメイトのみなさんの前に立った時怖かった」と語るリンネ。それを聞いたアキラが「誰だって怖いんだ。メイトちゃんが楽しんでくれるかな?とかみんな恐怖と戦って舞台に立っているんだ」と怒りをあらわにする。リンネの本音を聞いた先生は「怖いってことは、それだけ考えているんだな。みんなサポートするからメイトのみんなのところに帰ろう」と語りかける先生。閉じこもっていたリンネが出てきて、ホッと一安心する一同。

メイトを笑わしてるパクとダイチの声。よし、行こう!とみんなで舞台に向かう。

 

【パクとダイチの漫才】

出てきて早々メイトに絡みに行くダイチ。それを止めるパクは「ところでなにやるの?」と不安げ。自信満々に漫才を始めるダイチ。

ダ「オリンピックに出場したい」

パ「どんな種目?」

ダ「チャラい言葉で相手を倒すチャラリング」

パ「それ、レスリングね!チャラい言葉で倒すってなんだよ!」

ダ「草通り越して大草原不可避」

パ「なに、それ?」

ダ「ワラは草でしょ。それを超えて大草原が不可避ってこと。やってみて」

パ「草通り越して大草原不可避」

ダ「えっ、この子始めてやるのに天才じゃないですか?」

 

ダ「そしたらチャラい言葉で射貫く、アーチャラ―」

パ「アーチェリーね。どうやるの」

ダ「ズンチャズンチャズンチャ」

パ「1・2・3パーティーピーポー」

(踊りだす2人)

パ「もー、そんな競技ないよ!」

ダ「そしたらオリンピックは諦めて、東京五輪みたいに盛り上がるイベントやります!」

パ「なにやるの?」

ダ「チャラりんピック!」

2人「どーもありがとうございました~」

 

【MC】(順不同)

ア「初めてアルス見たよって人いる?」

パ「(パクを)生で見る方がカッコイイと思う人。」

メイト「はーい!」

パ「満足したから帰りますw」

 

ア「ここで(このタイミングで)カルチェはすごいっすねー」

先「気失いそう」

ア「今度はみんなを気失わすぜ」

 

ア「次で最後の曲です」

メイト「えー!」

ア「嬉しいんだけど、脇腹えぐられる。泉も言って。」

泉「次で最後です。」

メイト「えー!」

泉「(間髪入れずに)やります。」

ア「カミさんの尻に敷かれるタイプだな。」

泉「これ心臓にグサグサきますね。」

 

先「とりあえず(新入部員に言いたいことは)楽屋をキレイにしろよ。服のとりちがえが起こるぞ」

ア「俺、先生のズボン履いたことあるから」

タ「それで出とちりしたもんね」

 

(自己紹介でコンちゃんの声マネをしながら挨拶するタツキ)

ア「コンちゃんの声似てないなー。お前、何年(コンちゃんのお友達)やってるんだよ。」

タ「……(しばらく無言。)数字出て思考停止しちゃった」

ア「7引く3は?」

タ「…4!ギリギリセーフ!」

先?「今年のタツキは攻めるだもんな」

パ「声のトーン高いですもんね」

タ「それバカにしてるよね。」

パ「それバカにしてるよね」

タ「真似しないでよ!ちょっと似てるし!」

 

先「ポーチ可愛くない?自腹で買っちゃった。目隠しワッペンも2個買ったよ。中身はまだ見てない」

先「化粧品とか綿棒とか入れたいよね」

パ「僕のワッペンが当たりますように」

タ「僕のワッペンが当たりますように」

パ「奏先輩が僕に恋しますように。」

ア、先「チーム内恋愛禁止だからな」

パ「当たり前ですよ!」

泉「する気もないですよ」

ア「泉には言ってない」

泉「おれはチームの一員ではないんですか?」

 

先「先生(カラー)のペンラやっと出て。これで全員揃った」

ア「???」

先「(物販のこと)全然分かってないだろ。」

ア「はい!」

 

ア「エグマグってカラオケ出てるの?」

メイト「出てる!歌ったよ~」

ア「歌ってくれてるの?ありがとう~。アルスを知らない人の前で歌った人いる?みんなポカーンじゃなかった?もしくは、ドリンク飲む回数が増えたりw」

 

先「パクといるとだんだんパクに似ちゃうんだよな~」

 

ア「いーよーいーよーまつもといーよー」

 

(パク、津田兄弟の演目の話)

パ「3人で練習するんですけど、すぐ脱線して。でもそれのおかげでダイチが心開いてくれたんですよ」

 

(アキラ、タケルの演目の話)

ア「俺がタケルに振り付け教えて」

先「プロデューサーみたいに?」

ア「そう、肩にカーディガンかけてw踊り間違えてるぞってサングラス投げちゃったりして」

ア「殺陣はタケルから教わりました。鏡の前で刀を構えたり振ったりするんですけど、角度にこだわるんっすよ」

 

(先生、泉、スバルの演目の話)

泉「東郷くんと2人で練習しました」

ア「なんとか委員会の繋がり?」

泉「委員会でいいです」

ア「ファストフードで予習復習するの?」

泉「なんで飲食店なんですか」

ア「泉が予習復習するのって食べ物のことだから」

泉「食事で予習ってなんですか」

 

ア「ダイチはあのキャラのままで行くの大変だぞ」

パ「それを超えれば僕になれます。」

タ「最終形態?」

 

パ?「ねぇ、オチは?」

タ「ドンッ着地しました」

 

ア「すぐポンポン言ってー」

 

ア「新宿歩いてたらアドトラックが通ってさ。なんか見たことある顔だなーと思ったら、あおいのトラックだったの!あの、あおい!」(ポーズ決めて横移動しながらアドトラックの真似をするアキラ)

 

ア「みんな暑くない?」

メイト「暑くない!」

ア「こう聞くとみんなそう言うんだよなー」

メイト「暑いー!」

ア「で、こう言うんだよなー」

 

ア「あれ、…ウイルスみんな気をつけてね。ちゃんとみんなで連絡取りあってね」

泉「そこもアルスの輪なんですね」

パ「緊急連絡網みたいですねw」

ア「学生っぽいだろ、緊急連絡網。みんなで助け合わなきゃ」

 

先「タツキが途中で具合悪くなっちゃって。でも、みんなで支えあって。アルスマグナっていいなと改めて感じた」

 

ア「オリンピックの五輪の5色って、オリンピックを始めた時の参加国の国旗の色なんだって。俺ら5色とコンちゃんの1色を足して、これからも続いていけたらなって。…あれ?みんな意味わかった?頭の中では上手くいってたんだけどなー。ちゃんとメモっておきます」