メイトの備忘録

ライブ等の備忘録ついでに少しでも推しの良さが伝わればいいな~と願いを込めたブログ

2017.10.08執事歌劇団「森の大燕奏会」inサンリオピューロランド

!WARNING!

箇条書きメモに少し手を加えた物で、乱文で読みにくいのでご注意ください。

 

執事歌劇団の開催イベントにスペシャルゲストということで、アルスマグナの朴ウィト(パク)、榊原タツキ(タツキ)、九瓏ケント(先生)が登場。ゲストといいつつも、ありがたいことにたくさん出演させてもらっていました。

 

【演技パート】
森でキティお嬢様のためにお茶会を開こうと準備している執事歌劇団。準備ができたので呼びに行ったところキティお嬢様はいない。慌てる執事達。
一方、タツキパク先生は『奉仕』について学ぶために森で校外学習を行っていた。普段、奉仕することに慣れてないパクとタツキは、先生をおもてなしして奉仕について学ぶことに。

(ここでお子ちゃま戦争3人ver.)

YouTube

「さて、先生を奉仕するために準備するぞ~!」と意気込む2人。準備の最中、迷子になってるキティお嬢様を見つけ、先生ではなくキティお嬢様に奉仕をしようと、おもてなし会場に連れていこうとしたところ、執事歌劇団達に出会う。

誘拐犯だ!と決めつける歌劇団の瑞沢。失礼な!と憤怒するアルス3人。
執事の歌とダンスで勘違いと判明し、和解で終了。
※今回の執事歌劇団は、あくまでキティお嬢様の執事達なので、何度も共演してるアルスとは面識ない体で話は進む


【ライブパート】
執事歌劇団が数曲歌い、ゲストとして3名が呼ばれ執事歌劇団はける。
アルスマグナの自己紹介。(MC①)


(ここでビーストダンス3人ver.)

YouTube
歌劇団が数曲歌いエンディング。
アルス3人それぞれ感想。(MC②)
歌劇団の持ち歌を歌劇団、アルスみんなで歌って踊って終劇。

タツキはサビの部分を一緒に歌ってた。

 

~お子ちゃま戦争~
動画と全く異なる振付。
1番はガッツリ踊り。最初の方はパクがセンターだったけど、途中からずっとタツキがセンター。ダンスのジャンルは分かりませんが、本当に足さばき最高のダンス。※事務所の先輩のOH-SEさんに似合いそうなジャンルです。
2番はタツキが鬼となってダルマさん転んだを始める。歌に合わせてお尻フリフリを客にむかってする。パクと先生はくつろいでダルマさんが転んだに参加しない。怒るタツキ。タツキを宥めて、今度は客席側に顔を向けてダルマさんが転んだを再開。2人が舞台からはける。焦るタツキのソロ。2人を探しにタツキが舞台にからはけ、変わりに先生パク登場。先生パク舞台の上でサビ。
怒ったタツキ風船製の剣2つを使って踊りながら先生パクに切りつける。風船フワフワしてるけどカッコよかった。続いてお返しとばかりにその場で2人が風船を膨らませてタツキにプレゼントするフリして風船目の前で割る→ラスサビへ

 

~ビーストダンス~
奏くんがやってた『声の大きな~』はタツキが担当。『大きな』は、大きな丸書いて前に押し出してた。
みんなが一列になってカンチョーするところはタツキがされてた。1回目も2回目も痛がってしばらく踊れない様子だったけど、2回目私は見た。パクは右お尻と太ももの境目をいってたので、あれはフリだ!
『てゆーかそもそも逃げられない』のところで、パクが2人の目の前で指をチョロチョロさせてたんだけど、2回目で先生がパクの指に噛みつこうとしてるの見て、タツキが吹き出してた。
ジャンケンはツアーのとおりパクが勝っていた。

~1回目のMC①~
緊張してるのかいつもの自己紹介で終了


~1回目のMC②~
パク「楽しかった。ずっと時が止まればいいのに!(同じことを歌劇団の環が先に発言していた)。あれ?なんかどこかで聞いたことがあるぞw」
タツキ「お嬢様達がみんな優しかった。楽しかった。燕尾服着てまたやりたい!(執事歌劇団歓喜)。あとキャッチーな振りが多くて、舞台袖で一緒に踊ってました(振りの一部を踊る)。」
先生「推しは百合野です!(百合野さん動揺の末、土下座。瑞沢さんが嫉妬で地団駄を踏む。それをタツキがなだめる)」

 

~2回目のMC①~
いつもの自己紹介
パクが一発ギャク(内外内外なんかやらしい動き)をやるも前列にいる歌劇団ファンぽかーん。

先生「みんなビックリしてシーンとしちゃってるぞ!」とツッコミ。


~2回目のMC②~
緊張が解れたのかみんなよく喋る。
パクの一発ギャグを見ていないのでもう1度見たいとぶっこむ環さん。パクもう1度やる。

先生「あれ?執事のみんなもやりたそうだなぁ」とぶっこむ。瑞沢と香川さんが犠牲に。瑞沢さんしばらく引きずる様子にタツキが慰める。こんなことさせてごめんなさいと平謝りする先生。


環さんに「(キャラクターが)アルスよりですよね?」と質問。(歌劇団のなかで1番バラエティ寄りのMCができる雰囲気だったからだと思われる)。環さんも困惑しつつも、アルスマグナ入団の試験を受験しますとノリノリ。まずは踊れないとと言っていた。


タツキ「榊原家の執事になりませんか?」と隈川さんにオファー。

周りの執事が食費がかかります!隈川、目の前にスコーンがあっても食べちゃいけないんだぞ!と必死に引き止めてた(隈川さんは食いしん坊キャラ)。先生がスコーン与えればいいんじゃない?とか言ってた。隈川も食欲の誘惑に惑わされつつも、榊原家の試験を受験しますって言ってた。